え?バルコニーの屋根が違う・・・

体育の日の祝日は現場は作業していないだろうと思っていたが、
妻の実家に行くついでに現場見学。

上棟した時は気づかなかったが、上棟した建物を思い返したとき、
バルコニーの屋根の形状が図面と違ったような気がして
確認したかったからだ。

現場には大工さんがいて作業していた。

差し入れを渡し、屋根を確認すると。。。

やっぱり違う。

大工さんに確認してみると、我々が聞いていたのと違う認識のようだ。

現場を見たときは

『私これでもいいけど』

と言っていた妻も、家に帰って図面を見せながら何が違うか説明すると
不安になっていた。

何が違ったかというと・・・

バルコニーの広さは6畳で南を向いている。
バルコニーの西側はリビングと掃き出し窓で繋がっている。

リビングは北から南へ片流れの勾配天井。

バルコニーの屋根も同じ勾配天井で、高い天井になり、バルコニーの2/3位まで屋根がくる。。。はずだった。

しかし現状は2階の通常の天井高。

バルコニーの天井の裏は広い空洞。

その空洞部分が開放感のあるバルコニーのひとつだったのだが・・。

解放感は全く変わる。

打ち合わせの時、このバルコニーの屋根の部分は、図面を見ていて

『台風で屋根が飛ばされないか』

と心配していた部分で、設計士さんにも『大丈夫ですよね?』と
確認した位なので、どんな風に屋根が架かるのか気にしていた。

上棟してすぐ建物がシートに覆われて気づかなかったのだが。。

 

何が嫌だって、話が違うこと。
契約と話が違うのは痛い経験をしているのでウンザリと思った。

図面、外観パースとも明らかに違うのでメールすることに。

早速メールの返事が来た。

『すぐ確認を取って、構造上問題のないように是正します』とのこと。

どうなるか???

サラリーマンの家造りに問題勃発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください