ハウスノーヴァに建ててもらうことに決めた!

ハウスノーヴァからの見積

ローコスト住宅しか無理だろうと決め込んでいた私たちだったが思い切ってデザイナーズ注文住宅のハウスノーヴァに概算見積を出してもらうことにした。

今までもこちらの設計士のNさんには、いいと思う土地が見つかる度にメールで相談していた。

 

しかし今回は土地でお金を使ってしまって、建物にかける予算はあまりない。

しかも手付金放棄で200万円も失っている・・。

 

妻は「そんなにお金かけられないでしょ?聞いてみるだけならいいけど・・」という感じだった。

 

でも私の中では、土地も希望のものを購入できて、ここで建物で妥協する気にはなれなかった。

もちろん予算は限られるが、予算内で納得のいくいいものを建てたいと思っていた。

 

そしてハウスノーヴァにメールをしたその日の夜、パソコンを開くと早速返事が来ていた。

ドキドキしながらそのメールを開いた。

するとこのように書かれていた。

 

「今年に入りある程度建物仕様等を画一化することでコストダウンを図ることができました。お送りいただきましたプランですと設計・本体工事で1300万円~可能です。」

 

まじか??

結構ローコストじゃん!!

このメールを見て

 

「やっぱり良い家を建てられる流れになってるなぁ!」

 

と感じた。

 

去年問い合わせたときと比べ、かなり金額が下がっていた。

確かに坪単価は40万円以上(坪数によって変わるが)。

 

ローコスト住宅は35万円などと「安い」と見える。

しかし実はこの坪単価に含まれる工事の内容が違う。

 

ハウスNVは全体の金額で見ると、実は安かった。

そして早速、打合せの約束をした。




モニターハウスを見学

その打合せの数日前に、ちょうどハウスノーヴァが建てた家の内覧会があった。

モニターハウスといって、施主さんの好意で(?)一般公開した家だ。

予約をし、妻と妻の妹と一緒に行ってみる事にした。

妻の実家からわりと近い場所だった。

 

そのモニターハウスは外観は特に派手な感じではなく、ごく普通だった。

そして会社の方に中に案内されて入ると、玄関に入ると左側に扉があり、土間続きで大きなウォークインクロークがあった。

 

「これいいね!!」

 

私たちはかなりこの家の造りに興味を持った。

1階が寝室。大きなクローゼットがあり、窓のシャッターは電動でこれが標準とのこと。

 

そして2階へ。広いリビングは開放的な勾配天井、そしてアイランドキッチン。キッチンの横には2畳ほどの食品庫。

 

そしてキッチンの上にあたるところがロフト。

ロフトは梯子ではなく、階段で上がれるようになっている。

 

そしてバルコニーはグレーチング。

 

家を見学していると、設計士の方が来た。

メールで何度かやり取りしていたNさんだ。

 

会うのはお互い初めてなので不思議な感じだった。

とてもさわやかで話しやすい人だった。

すぐに打ち解けて色々な話をした。

 

そしてこの家の特徴、家造りの考え方などを話してくれた。

私たちはNさんの話を「なるほどー!」と感心しながら聞いていた。

 

約束している打ち合わせの話になると

 

「要望を、夫婦別々に100個くらい用意してきて下さい」

 

と言われた。

夫婦で考えが違うので、話し合わず、自分の要望をそれぞれ考えてきて欲しいとのこと。

そしてそれを元にプランを作ってくれるとのことだった。

 

私たちはすでに設計士のNさんに設計をお願いしたいという気持ちになっていた。

造る人が違うと家造りってこんなにもワクワクするものなのか?と思った。

Nさん自身がこの仕事を楽しんでいるのが伝わってきた。

ハウスノーヴァに決まり!

ハウスノーヴァに家造りをお願いすることに対してあまり良い返事をしていなかった妻に帰りの車で聞いてみた。

 

「ハウスNVにお願いしてもいいかな?」

 

「あなたがそうしたいなら全然わたしはいいよ!」

 

この言葉を妻から「いただいた」瞬間、決まった。

なぜなら我が家で一番権力があるのは妻だからだ。

結局、全て私の思い通りになってしまった。

 

帰り道、今までのマイホーム探しの苦労が吹き飛んで、晴れ晴れとした気持ちだった。

ハウスNVでの家造りが始まる。。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください