マンションも検討・・しかし諦めきれない注文住宅

マンションを検討

やっぱり注文住宅は無理か・・・

いい物件はないし、いい物件があったとしても手が届かない。。

しばらくは家のことは考えないようにしよう・・・

そう思った。

そんな感じでマイホーム探しの旅に疲れてきた頃、マンションを探してみようかという気になった。

妻は実家がマンションということもあり、セキュリティなどの面からもマンションは賛成だった。

 

私はマンションを買うなら土地が欲しいと思った。

資産としての価値を考えると、土地がある一戸建てが良いと思った。

マンションは管理費、修繕積立金などがあり、ローン以外にも結構お金がかかる。

私にとってはどっちかというとマンションはお金持ちが住むところというイメージが強い。

中古マンションを見学

ある日、三井のリハウスのホームページから良さそうなマンションの広告を見つけた。

中古だが、街の中心部から近く、もちろん駅も近い。

私が今まで見てきたマンションの中では一番良い間取りだった。

これなら妻も気に入るだろう、と思った。

妻にこの間取りを見せると

「ここいいね!!見てみたい!!」

と気に入ってくれた。

妻の好みを分ってきたかな?

 

早速、三井のリハウスのHさんに連絡をして見学に行った。

思ったとおりのとても良いマンションだった。

「こんなマンションなら住んでもいいかな・・」

初めてマンションに住むのもいいかな?と思った。

金額は安い新築戸建の建売を買うくらい。

妻もかなり気に入った。

気に入ったマンションだったが・・

家に帰り、その日の夜二人で「あそこ良かったね!」と話し合っていると電話が鳴った。

三井のリハウスHさんからだった。

「今日、ご見学いただいたマンションですが・・」

もう売れたとのこと。

確かに、今日は見学者がぞくぞくと来ていた。

売主の奥様も素晴らしい慣れた感じで見学者に説明していた。

 

「残念」という思いと「良かった」という思い。

やっぱり心のどこかで一戸建てを諦めていなかったので買えない状況になるのは、選択肢がないので迷いようがない。

 

そのマンションのある通り沿いに

「この会社で家を建てられたらなぁ」

と私が思い続けていた「ハウスノーヴァ」が建てている家があった。

もうすぐ完成しそう。

「どんな家だろう?」

「早く見てみたいなぁ・・」

と密かに楽しみにしていた。

 

やっぱり諦めていなかった。

マイホーム探しの旅は続く・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください