契約と夢膨らむリフォームプラン・・しかし・・・

中古物件を契約

検討した中古物件のリフォームについて夫婦で色々話し合った。

リフォームの間取りも考え、こんな感じになるなら・・・

ということで、申し込みを決めた。

決めると「他に申し込みがいたら・・・」とか色々考えて、「早く申し込まなきゃ!」という気持ちになっていた。

 

リハウスのHさんに購入の意志を伝え、申し込みをした。

申し込みは何度かやっているので慣れてきていた。

そして金額交渉。

 

住友不動産が元請けなので、住友不動産を通しての交渉。

我々は200万値引きを要求したが、結局は150万の値引き。

 

「まぁ、いいか。気持ちよく契約したいし、これで決めよう」

 

私が妻にそう言って、これで決めた。

そして手付金は150万円でお願いしていたが、先方が200万円を要求。

気持ちよく契約したい・・この気持ちでこれもOKした。

 

どっちにしても払わなくてはいけないお金だし、損するわけじゃない・・と。

そして契約の日。先方の都合で・・なのか不動産屋が早く契約させてたかったからか、平日に契約。

 

契約には2名いた。おばあさんと30代半ばくらいの方。

事前にリハウスからは権利者が4名だと聞いていた。

こっちでは勝手に「おじいさん、おばあさんと夫婦2人」と思っていた。

あまり気にせず、契約。ただ、契約書の4名の名前の苗字が3つ。。。

どういう関係なのか分らなかった。でも聞ける雰囲気ではない。

 

そしてこんなときにリハウスのHさんは遅れてくるとのこと。

 

・・今だから言えるが、契約で1つでも分らないことや疑問があれば、どんなくだらないことでも聞いた方が良い。

どんな面倒な顔されても聞いた方が良い。

そして面倒な顔した奴とは契約しない。絶対そのほうがよい。

契約したら、あとは何があっても契約どおり。

「ちゃんと説明しましたよね?」で終わる。

 

これから不動産契約をする人に本当に言いたい。

絶対に細かい点まで納得がいかなければサインをしてはいけない。

一番いいのは、契約日の前に事前に契約の重要事項について説明を受けること。

これなら契約する相手のことを気にせず、なんでも不動産屋に聞ける。

これは経験者として絶対にそうして欲しい・・・。

まあ、それは置いておいて・・




夢膨らむリフォームプラン

契約は無事(?)終わった。

リハウスのHさんには色々紹介いただいたけど、結局契約まではいかず、

苦労させたので、Hさんにも借りが返せたと思った。

あとはリフォームプラン。

予算内でいいリフォームしたい。

プランも私がCADで描いて、キッチンなどのカタログもたくさん取り寄せた。

 

夢はどんどん広がっていった。

 

何度も契約した家を通って、自転車で保育園まで何分かかるとか、

駅まで何分かかるとかを計ったりした。

契約物件を計測にいってわかったこと

そしてリフォームプランも固まっていき、もう一度あの家へお邪魔して部屋を計測することに。

図面はないとのことだったので実寸でリフォームプランを

具体的にしていくしかなかった。

その訪問で分った事実が・・・。

続く・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください