中古物件を検討する

中古物件を検討

いい土地を見つけても購入できず、マイホーム探しに疲れてきた頃、三井のリハウスのHさんから

 

「買う買わない別として、ご希望のエリアにある中古物件を見てみませんが?」

との連絡が。

 

中古は全く考えていなかった。

中古って言っても数百万プラスすると新築が買える。

それなら多少無理して新築買った方がいいだろうと考えていた。

 

「じゃあ、見るだけなら」

 

軽い気持ちでOKした。

しかし、この中古物件見学が私たち夫婦の試練のキッカケとなった・・・




2件の中古物件を見学

見学に行ったのは2件。

 

1件目はおばあさんが(といってもとても元気な方)
一人で住んでいた。

以前は娘さん夫婦と一緒に暮らしていたが、今は出て行って一人とのこと。

確か、築13年(?)

でも中は綺麗だった。

ここで一番魅力を感じたのは、子どもの保育園のすぐ近く。

自転車なら1分の場所だった。

 

そして2件目へ。

ここは駅からかなり遠い。

でも家は完璧。

築5年だったか?(はっきり覚えていない・・)

ただとてもしっかりした家で、ちょっとした庭もあり、綺麗だった。

案内してくれた売主さんのご夫婦もとても親切。

 

どちらも意外にも悪くなかった。

ただ中古なら思いっきり値引いて買いたかった。

私が興味を持ったのは保育園の近く。

ここを内装フルリフォームして、かっこよくして住みたいと思った。

 

土地の位置的に新築購入は無理な場所。

かなり良い環境だ。

だからリフォームして、自分たちの好きな風呂やトイレ、キッチンで生活すれば、中古も悪くないと思った。

 

妻は築浅のもう一軒も気に入っていたが、話し合って保育園の近いほうで話を進めようと決めた。

 

今、冷静に考えると急いで決める必要は何もなかった。

でも今まで土地を買い損ねたりしていたこともあり、なぜか「すぐ決めなきゃ」と思っていた。

そして価格交渉は申し込みをしなければ始まらない。

大きなローンを組むのだから、少しでも安い方が・・

「賢明な選択」をした私たちはこの中古物件購入を申し込んだ。

 

これが試練の始まりになるとも知らず・・・・

 

続く・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください